メニューを飛ばして本文へ進みます

美しさにまごころこめて

日本メナード化粧品株式会社

HOME 研究・商品開発 主な研究 エステティックマッサージが及ぼす心理的影響

内分泌系に及ぼす影響エステティックマッサージには美肌効果の他に、リラクゼーション効果があります。その効果を内分泌系の指標を用いて評価し、ストレスの軽減や女性ホルモン量を増やす効果のあることがわかりました。
約1時間のエステティックマッサージによる心理的影響を、内分泌系の指標を用いて評価しました。

※イメージ図です

ストレスに対する影響

ストレスに対する影響エステティックマッサージ前後に唾液を採取し、ストレスを受けたときに増加するホルモンであるコルチゾールを指標に影響を確認しました。その結果、唾液中のコルチゾール濃度はエステティックマッサージ後に減少し、ストレスが軽減されたことがわかりました。

※自社測定データ

女性ホルモンに対する影響

女性ホルモンに対する影響エステティックマッサージ前後に唾液を採取し、女性ホルモン量を比較しました。その結果、唾液中の女性ホルモン量は、エステティックマッサージ後に増えていることがわかりました。

※自社測定データ

以上の結果から、エステティックマッサージには、血行促進効果や保湿効果など肌の外側から働きかける効果だけでなく、施術の心地良さによるストレス軽減効果や女性ホルモンの分泌を促す働きがあり、身体の内側からも美しさを引き出す効果のあることがわかりました。

  • 日本健康心理学会 第13回大会
このページの先頭へ