メニューを飛ばして本文へ進みます

美しさにまごころこめて

日本メナード化粧品株式会社

HOME 研究・商品開発 主な研究 なめらかな使用感の中空状の紫外線防止粉体を開発「スムースタッチUVパウダー」

一般的に、紫外線を遮断する微粒子酸化チタンをクリームやファンデーションに配合すると、塗布時のなめらかさが損われ、のびが悪くなります。スムースタッチUVパウダーは、シリカ被覆微粒子酸化チタンをミクロンサイズの中空状にすることで、塗布時に肌の上で軽くくずれてなめらかにのびるとともに、細かく均一に広がることで高い紫外線防止効果を発揮します。なめらかな使用感と高い紫外線防止効果を両立することができることから、この粉体を「スムースタッチUVパウダー」と名付けました。

スムースタッチUVパウダー

「ナノ噴霧プロセス」を利用したスムースタッチUVパウダーの調製

スムースタッチUVパウダーは、紫外線遮断能に優れるナノサイズ(平均粒子径40nm)のシリカ被覆微粒子酸化チタンを、独立行政法人 産業技術総合研究所 中部センター サステナブルマテリアル研究部門と三信鉱工(こうこう)株式会社と三者で共同開発した「ナノ噴霧プロセス」を用いて、ミクロンサイズ(平均粒子径25µm)の中空状に調製したものです。
シリカ被覆微粒子酸化チタンの中空粒子をつくるためには、まず、強固に凝集しているシリカ被覆微粒子酸化チタンを高性能なビーズミル(分散装置)でほぐして均一な分散液をつくる必要があります。次に、微細な液滴を噴霧して急速乾燥固化することができる噴霧乾燥装置を利用して、ミクロンサイズの粒子ができるよう装置を制御し、スムースタッチUVパウダーを調製します。この噴霧乾燥工程において、液滴表面から水分が蒸発することによりシリカ被覆微粒子酸化チタンの外殻が形成され、内部が中空になります。

「ナノ噴霧プロセス」

スムースタッチUVパウダーのなめらかなのび

スムースタッチUVパウダーは、中空状になっているため、肌の上で軽くくずれてなめらかにのびるとともに、細かく均一に広がることで高い紫外線防止効果を発揮します。

スムースタッチUVパウダー

スムースタッチUVパウダーと、中空状に調製する前のシリカ被覆微粒子酸化チタンについて、なめらかなのびの程度を示す動摩擦係数をそれぞれ測定し、比較しました。その結果、スムースタッチUVパウダーは動摩擦係数が低く、もとのシリカ被覆微粒子酸化チタンよりもなめらかなのびを有することが確認できました。

なめらかなのびの程度を示す動摩擦係数
このページの先頭へ